石膏デッサンブローチ

新作の石膏デッサンブローチをCreemaとminneにアップしました。

HMJでは、現役美大生と、元美大生のお客様がなつかしいと足を止めてくれました。

石膏デッサンを見ると、絵を勉強したことがある人なら、すぐにその時間がぶわっと頭に蘇るのです。アトリエの匂いとかを感じるというか。なので、私の石膏デッサンの思い出を少し書き留めてみます。


私は20代の頃予備校のカルチャースクールに通っていました。

予備校生が木炭や油絵で石膏デッサン描いてたのを見て、同じものを描いても人によってこんなに違うのかと、当時は憧れの眼差しで見てました。教えてくれた先生も、受験が終わったらすっぱり辞めたと言っていた石膏デッサン。


「もっと黒く」と何度も言われたなぁ。「もう無理、描けない」ってところになるまで描くように言われたけど、「もう終わったかな~」と思っても「まだ終わっていない」と先生に言われたな~。そして、しっかり描けるようになる前に、カラフルな油絵に心変わりしてしまって。カルチャーではもう石膏は無視って感じだったなぁ。。


その後は、セツ(絵の学校)で、授業で石膏描いたけど、ほんの短時間、ちょろちょろっとやっただけで、やっぱりへたっぴだったなー。友達がモリエール好きって言ってたなぁ。


そして今回、久々、小さな石膏デッサンをブローチに描いたら、まぁ、できない。何度も描いてはつぶし、トリミングをやり直し、色を塗り直し。めちゃめちゃ時間がかかって。


今は、久々に、木炭で石膏デッサンしたいかも、という気持ちがほんのり胸に。みんなで描くってのがいいのかもしれないけど。

#石膏デッサンブローチ

#ミニチュア

#creema

#minne

#creema新作

#minne新作

#ブローチ部

#ブローチコーデ

#ハンドメイドブローチ

#動物ブローチ

#ブローチ作家

#絵本みたいなハンドメイド

#石膏デッサン

#drawing

#illustration

#artwork

#art

makibadori

絵を描いてものを作る、マキバドリと申します。 *最新情報はtwitterとinstagramで 《委託販売》  東京都 貝の小鳥(販売中) 東京都 CreemaStore (2020.7.16〜31) 京都府 雑貨店おやつ (2020.9.18〜)

0コメント

  • 1000 / 1000