絵本みたいな陶土のブローチができるまで

絵本みたいな陶土のブローチとは、

絵本作家の絵が好きな私、マキバドリが

陶土を使って作っている、本の形のブローチです。

絵はひとつひとつ手描きです!

追加生産に入りました!現在、乾燥中。

よい出来だと思います。

身につけた時に、手に乗せた時に、かわいらしく見えるよう、

ほんのわずかずつではありますが、作るたび形を改良しています。

おもしろいかはわかりませんが、制作工程を書いてみますね。

長いので、飛ばし読みしてもらっても大丈夫です。


■ブローチ制作工程

・粘土を伸ばす

・型を抜いたりカッターで切ったり

・ページの真ん中のくぼみをヘラでへこませる

・サイドに向けて薄くしたり、側面の形を整える

・指を使ってなめらかな形にする

・紙のページの重なりを針、つまようじ、筆、ペインティングナイフで細工

・大きい石のような粒が入っているので取り除いて穴を埋める

・裏面の凹凸などをチェック、修正

・立体感を出すため少しカーブをつける

乾燥(2〜3日)しつつ、ひび割れがあったら直す

焼く

やすりがけ、削り

紙の色を下塗り、やすり

やっと絵を描く!

(ラフを描いて、最近は同時に物語の文章も考えて)

(できたと思っても必ず一晩以上寝かせて手を加える)

ニスを3度塗り

ピンをつける

(背面のカーブに合わせてピンの接着面を少し曲げる)

完成!

-----------------------------------------------------------------------------

完成品を見たり、レビューやイベントでのお客様の反応を見ながら

ここ直したいなと考えて、チェック項目が増えていき、

どんどん工程は増えています。


そういうわけなので、最新作がいつも最高傑作です。

ニューアルバムの楽曲が、今までで一番の作品という

アーティストのよう・・・。


「憧れのブローチを、勉強という名目でいくつか買ってみよう!」

と思い立ってネットを探してみると、

なんとまぁ、イベントでしか売ってないとか、

もう辞めてしまっていたり、全売り切れとか。

ハンドメイド品を手に入れるのは、楽じゃないんだなぁと実感。

量産なかなか出来ないから、仕方ない。

あの時、鎌倉で買っておけば良かった〜!


買わなかった後悔をしつつ、ふと見ると、自分のページでも、

今こそ必要なツバメのブローチが売り切れているのを発見!

焼いたら、まず描きます。バラつばめ。


http://www.makibadori.com

▲ホームページより、ショップへ移動できます。

参加予定イベント

2019.7/20(土)・21(日)

HandMade In Japan Fes 2019

会場:東京ビッグサイト

makibadori

絵を描いてものを作る、マキバドリと申します。 *店頭販売のお知らせ* 詳しくはブログやSNSでお知らせします。 2019.10〜12月末 京都府 雑貨店おやつ《委託 2019.12.12〜12.17 愛媛県 雑貨hanon《委託 2019.12.1 上野 宋雲院『テラデマルシェ』 2020.1.11・12 東京ビッグサイト 『ハンドメイドインジャパンフェス 2020冬』

0コメント

  • 1000 / 1000