ラフスケッチはおもしろい?

千葉市美術館でブラティスラヴァ世界絵本原画展を見て来ました。

原画をじっくり見るのはもちろん面白いんですが、日本の作家の多くのラフスケッチ、ダミー本が展示されていたのがとても楽しかったです。

若い頃、ピカソ展を見に行った時には、「ピカソは大変だなー、こんなシャシャシャーって描いた下描きまで、展覧会で飾られちゃうんだもんなー」と思っていました。

でも、自分もたくさんのラフを描くようになってから、好きな作家さんのラフ、つまり絵本の設計図を見ると、かなりオモシロイ!出来上がった絵本には、もう削除されてしまっている文章とかが、ジーンとしたり。


そんなこんなで、私の作品を好きで見てくれている人も、ラフスケッチを見るとおもしろいと思ってくれる人もいる?というようなことを思い、いくつかのスケッチと作品を並べて紹介します。デザイナー時代より、無印良品の、真っ白くないノートに、いろいろなスケッチやメモを書きとめています。真っ白いノートより、緊張せずに遠慮せずに描けるところが気に入っております。


「ミモザの花束くれた君」は、フクロウにしようか、女の子にしてみようか、ずいぶん悩んでいたようです。

絵本の物語も、思いつくまま、メモしておきます。

どうでしょう。ラフ画を楽しんでいただけたでしょうか。。。


展覧会の話に戻りますが、久しぶりに絵本を新品でたくさん買いましたー!

町田尚子先生の「ネコヅメのよる」の猫は、もう、売り場でもすごいパワーを出していたので、思わず手にとってしまいました。印刷もすごくしっとりと美しいです。(外国の絵本にはせっかく鮮やかないい絵なのに、がっかりするような彩度の低い印刷されている作品があって残念!と思うことがよくあります。日本の印刷すごい。)

荒井良二先生の「きょうはそらにまるいつき」で展示されていた、ページ割りの文章、女の子が「ちっともうまくおどれないけど、わたしはバレエがだいすきです」というような言葉があって、こころがぎゅーっとつかまれました。印刷ではほとんど見えないけど、原画にはパールの絵の具がキラキラしていて、私は横からナナメからうっとり見つめました。

ヨシタケシンスケ先生の「このあとどうしちゃおう」は息子へのプレゼントに。もうすぐ3年生になる息子との生活で「死」に関することが出てきちゃうと、今までは、語ってはいけないことのような気がしていました。語るとしてもどうしていいかわからない。でも、この絵本で、なんか「そう!そう!」と腑に落ちる感じがたくさんあって。

この本となら、当たり前に訪れる「死」についてを、暗くならずに、でもまじめに、おもしろい楽しい気持ちで、家族と話せます。


他にも欲しい絵本は、はっきり言ってたくさんありましたが、本棚には限りがあるため耐えました。

でんきのビリビリも素敵であったなぁ。

makibadori

絵を描いてものを作る、マキバドリと申します *委託販売* ◆2019.3/1〜4月末 日定休 会場:MONOTIAM 馬喰町 *イベント参加* ◆2019.7/20(土)・21(日) HandMade In Japan Fes 2019 会場:東京ビッグサイト

0コメント

  • 1000 / 1000