子供の頃の空想の友達

息子(もうすぐ小2)は、幼稚園くらいから、ニッコリちゃんという、いわゆる棒人間みたいな絵を描いて、毎日ニッコリちゃんに何があったのか、しきりに私に話してくれます。

▲この絵は、私が、息子のニッコリちゃんを真似て描いたものです。息子はあまり似ていません。

何度かSNSに書いているけれども、息子はお鉄さんです。

ニッコリちゃんが社長を務める「ニッコリ鉄道」を中心に、いつも話は進んでいます。

そのエピソードが、どんどん詳細になって行くので、忘れないように記録してみようと思います。


ニッコリちゃん(男/小学生)

・ニッコリ島のニッコリ鉄道の社長(ちなみに息子が副社長)

(たぶん、トーマスのトップハム・ハット卿とJR九州の社長を参考にしているのではないか)

・5人家族の長男、先日、末の弟が生まれたばかり。

・ニッコリ島は、日本ではない外国にあるが、日本語を使用。


ニッコリ鉄道

・島を走る電車は、日本の電車をそのまま使っている。

・JR私鉄関係なく、息子の好きな日本の電車が走っているらしい。

(古くなった車両とかいうことではなく、現行のものがほとんど。)

・リニアモーターカーももちろん走っている。

・新幹線や特急が走っているが、在来線のように走っている。

・モノレールは、懸垂式とゴザ式が両方、特殊なレールで上下に走っている。

・結婚式などのパーティーや宴会ができる車両もある。

・オリジナルの車両無し(2018年3月現在)


******

後なんだっけ、また思い出し次第、記録のために追記しよう。


自由帳を時々覗くと、ニッコリちゃんは、それはもうとんでもなく下品な(小学生男子が好きそうな)言葉を連発してみたり。電車に乗っていたり、オチのよくわからない漫画になっていたりします。もう、衝撃が止まらないです。あのノート。

図工の時間には「棒人間禁止ー!」なんて先生に言われるようなので、髪の毛や眉毛、洋服などをはっきり描いているんですが、自分で自由に描く時は、この棒スタイルで。これが好きで描いているんでしょうね。


小学生の3、4年生くらいの時は、私も自分で作ったキャラクターに、色々特徴を考えて、絵を描いていたのを思い出します。お気に入りの、先端が鳥の顔みたいになっている木の枝を使って、校庭にざっくり描く。確か「くめちゃん」という、ヌケサク先生が、爽やかに可愛くなったような顔だったと思います。何かストーリーがあったはずなんだけど、思い出せないのが悔しいです。だから、息子がニッコリちゃんを忘れるときがあったら、教えてあげたいなぁと思いまして、記録しています。


何才まで、ニッコリちゃんと息子は、共に成長するんでしょうか。

40を過ぎても、自分の空想の鉄道会社の時刻表みたいな図を制作している方(鉄道芸人さんなど)を見かけるので、もしかしたら、おじいさんになる頃には、Nゲージによるニッコリ鉄道が完成している可能性も感じつつ。ずっと好きな可能性はあるよね。私は幼稚園より前からずっと、絵を描くことが好きだったから。

明日、ニッコリ鉄道の書記の役に立候補してみようかな。




makibadori

絵を描いてものを作る、マキバドリと申します *委託販売* ◆12/22(土)~25(火) 探究者の部屋 会場:三省堂書店池袋本店書籍館4階 ◆2019.3/1〜4月末 日定休 会場:MONOTIAM 馬喰町 *イベント参加* ◆2019.1/12(土)・13(日) HandMade In Japan Fes 2019 会場:東京ビッグサイト ブース/E-88

0コメント

  • 1000 / 1000