夢が叶った静岡、掛川

やってみたいこと、行ってみたい場所がありました。

それはさっさと、行ってみたら、やってみたら、叶う夢だったんですね。

行きたかった場所:掛川花鳥園

やりたかったこと:アーチェリー

GWで夢が叶いました。

まずは、掛川花鳥園

フクロウを描く資料として、ネットで画像を検索していたときに、この施設の素敵な画像がたくさん出てきたことが、この場所を知ったきっかけです。

温室になっている室内と、外にも鳥がたくさん。

500円で600円分のチケットを買って、100円〜の餌と取り替え、鳥に餌をあげつつ触れ合ってまわりました。

この園のすごいところは、柵越しに見る鳥がほとんどいないこと。餌をあげて触れ合っていることから、鳥がものすごく人に慣れていること。とにかく近い。

白い孔雀、きれいだったな。インコを手に乗せて、ガジガジかじられたり。フクロウにはあまり触れなかったのだけど、フクロウの性質考えたら仕方ないね。近くで写真を撮れるからまあ、良し。エミューに追いかけられる息子、白鳥に噛まれる息子、ペリカンのフンにしりもちついた息子。面白かった。ペリカンに餌をあげたり、あんなに近くで見られる動物園は知らない。


掛川の近所の子供達は、将来、上野動物園とか行っても、動物が遠すぎて「え?」ってなるだろうな。触れて餌やってた動物が、細かい網目の向こうにしか見えなくて寂しいだろうな。餌の魚をつまんでペリカンの口にポイポイ入れる子供達。たくましい。

空中に浮かぶ花。どうやって水やりしているんだろう。スプリンクラー?それじゃ床がびちゃびちゃになるよね。謎。

外は日差しギラギラ、温室も暑いので帽子や薄着の上の上着とか必須です。園の貸し出し麦わら帽子をみんなかぶっていました。

大きめのポニーに乗馬している、最後の写真は「つま恋リゾート 彩の里」のものです。一度閉鎖してから、再オープンしたばかり。

まだ、園内のチラシや看板も全て新しくは作り終わっていないのか、どこに食事の場所があるかなど、よくわからないのです。絶対やっていなそうなレストランが地図にどーんと載っていたり戸惑うこともあります。ポニーのすぐそばにも、軽食が食べられる喫茶店がありましたが、行くまでわかりませんでした。スタッフの方々が親切に教えてくれるので、どんどん聞いたほうが良いですね。一日中でも泊まりがけでも遊べます。


ここでアーチェリーをしました。一人で参加したもので、写真がありません。ハンガーゲームのカットニスや、ロードオブザリングのレゴラス。弓を使う人は、姿勢が良く、迷いなくキリッとしていてかっこいい。そんな風に一瞬でもなりたいという憧れだったのかな。

6本×6回の計36本の矢を、1時間程度で。緑の中で、風を感じつつ。気持ち良かったです。なかなか、姿勢が安定せず、隣の人の的に当てたり。たどりつかずにほろっと下に落ちたり。でも、1回目の9点から、6回目には38点にまで上がりました。

本当にアーチェリーが好きになったのかはまだわかりません。ただ、高校の時に弓道部に入れば良かったなと、何度も思って。美術部とかけもちしたら良かったな。

新しいことをすると、使っていなかった脳の部分が一気に目を覚ます感じ。楽しい。

しばらくは、江戸川アーチェリーにお世話になろう。

makibadori

絵を描いてものを作る、マキバドリと申します *委託販売* ◆12/22(土)~25(火) 探究者の部屋 会場:三省堂書店池袋本店書籍館4階 ◆2019.3/1〜4月末 日定休 会場:MONOTIAM 馬喰町 *イベント参加* ◆2019.1/12(土)・13(日) HandMade In Japan Fes 2019 会場:東京ビッグサイト ブース/E-88

0コメント

  • 1000 / 1000