マキバドリ個展ありがとうございました。

7月23日から始まった個展無事終了致しました。額に入って絵が展示されている様子を、まとめて記録しておきます。少しだけ、個展の雰囲気を楽しんでいただけたら嬉しいです。

入って左側はこんな感じです。DMに使用した絵を一番に飾っています。

▲『メンフクロウの図書館』八切額

▲『本とリンゴとウサギさん』

▲『ポピーと黒猫』

▲『シマエナガの道案内』

▲『赤ずきん』

▲『ピノッキオのティータイム』

▲絵本みたいな陶土のブローチの童話バージョン、うさぎやキツネ、小鳥などがこちらに。

▲『私の本棚』(四切額)

ブローチの台紙にも使っている本棚の絵です。私の好きなものがたくさん並んでいます。マットの色を白黒グレーなど、基本の色以外で選んだのは初めて。静かなイメージ、夜の雰囲気もあるので、青いマットを選びました。


この絵はカードケースやスマホケースなどいろいろグッズにもしている絵です。色のパターンを増やすのに、鉛筆やペンを使った1色の絵まではアナログで描いて、そのあとはMacで色つけをしています。下の水色と茶色の絵がそうです。

▲『積ん読、お猫』

水玉を描いてから線画を描いたような記憶があります。

額の色、これだけ手塗りしています。白い模様を描いたり、マットも自分でカットしました。

▲『ハリネズミと木苺』

ハリネズミは描いたことがなかったので、ブローチを作る前にこの絵を描きました。

▲『ナガミヒナゲシとトラ猫』

ナガミヒナゲシ、春にたくさん見ました。外来種なんだそうで、車のタイヤについて運ばれて、アスファルトの隙間からも出てくる。花畑みたいにたくさん咲いて、すごい生命力。

▲『ミモザの花束くれた君』

ブローチが先にあった作品です。絵本ブローチの中では、1、2を争う人気者なので、専用の箱を作りたいなと、描きました。

▲『くぬぎの木のシマリス』

くぬぎのドングリって丸くて、帽子がもじゃもじゃで面白いです。

▲『モズ』

獲物を串刺しにするという前情報で、ちょっと怖いなというイメージだったモズは、実際に見たら、綺麗な色と、模様と、もふっとした頭と。かわいい、かっこいい鳥でした。メスは少し地味だけど、明るい色で素敵でした。


▲『うちで待ってる』

▲『猫が毛布に住んでいる』S0号

▲『明るい、暗いの境い目で』S0号

▲『旅立つ君へ贈る花』S0号

▲『あの日のきつね』F0号

▲『モルフォ蝶と黒猫』F0号

▲『すずめ!すずめ!』F0号

▲『旋回ツバメ』F0号


▲絵本みたいな陶土のブローチ

本棚の目線の位置の特等席には、ふくろう、つばめ、ねこ、ペンギン。私がたくさん描くモチーフが集まっています。

▲12種類ほど、ポストカードも制作しました。

▲閉じた本のブローチや、コーヒーブローチ、パレットブローチもご用意しました。


少し、お店に来た気分になっていただけましたか?

makibadori

絵を描いてものを作る、マキバドリと申します。原画や手描き絵のブローチ、プリント雑貨などを販売しています。 *イベント・企画展参加、新作など最新情報はtwitterとinstagramで見て下さい。 《委託販売》  東京都 貝の小鳥 京都府 雑貨店おやつ(秋〜春)

0コメント

  • 1000 / 1000