夏の主役、手描き絵シェルボタンのラップブレスレット

今日はマキバドリのブレスレットをいくつか紹介したいと思います。 

ショップのブレスレット売り場はこちら 

マキバドリでは、天然の貝のボタンを使ったラップブレスレットを販売しています。 他とはちょっと違う、当店だけの特徴というのが、手描き絵のボタン。 ピンクに緑に輝くシェルボタンは、茶蝶貝、黒蝶貝など。 できるだけ、厚みがあって、丈夫なものを使用しています。 貝に直接、アクリル絵の具を使って絵を描いて、その後に樹脂でつるつるにコーティングしています。 ボタンの強度を増す役割もあります。


天然石のターコイズ、マザーオブパール、グリーングラスアゲート、チェコビーズなどなど。 とにかくこの色好きだな!と思ったビーズを集めて並べて。 レザーの紐や蝋引き紐に、チクチク編みつけていくのです。

ツバメや鳩などの鳥モチーフも、よく描きます。

編み紐に、手描き絵の金具をつけてみたり。

一番新しい作品。手描き絵ボタンはありませんが、小さなデリカビーズで模様をつけています。 チェーンのようにビーズをつなげて、二連のブレスレットになっています。

こちらは、じゃらじゃらもしゃもしゃ。ビーズいっぱい、遊び心いっぱいのブレスレットです。


 華奢でシンプルなアクセサリーというより、パレットから飛び出したみたいな、色とりどりのブレスレットが多いです。 私自身、制服のようにジーンズを愛用しています。エスニックも好きです。リネンのワンピースをつるんと着るのも好きです。そういうスタイルにピタッとはまるブレスレットになっていると思います。 


ワンピースか、Tシャツジーンズ、キャップ、karrimorのターコイズブルーのリュック、緑のニューバランス、そしてぐるぐるブレスレットと時計とピアス。これで、マキバドリお出かけファッションの出来上がりです(笑)動きやすい服とテンション上がるアクセサリーが一番! 


これからますます暑いけど、ブレスレットをくるくる巻いて、

ウキウキ楽しくお出かけしてくださいね。 

ショップのブレスレット売り場はこちら

気になる商品がありましたら、ぜひお店をのぞいてください。 

お待ちしております♪


makibadori

絵を描いてものを作る作家、マキバドリ公式サイトです。 *2018年出展スケジュール* ◆5/26(土)〜5/29(火) ドールとミニチュア作品フェア「アリスの屋根裏」 会場:神保町いちの名古屋店 タカシマヤ ◆7/7(土)〜7/8(日) HandMade In Japan 2018 会場:東京ビッグサイト ご来場ありがとうございました!

0コメント

  • 1000 / 1000